キッチン・お風呂・トイレのリフォーム

キッチンのリフォーム

「キッチン」は、ご家庭内でも使用頻度が高く、誰もが利用する場所です。
それだけに、老朽化も早く、汚れなども目立ってしまいます。キッチンリフォームでは、システムキッチンへの取り替えが最も多く、無駄がなく取り出しやすい収納や、広々とした作業スペースなど、毎日快適にお料理するお手伝いをします。あなた仕様の使いやすくて清潔なキッチン、収納が豊富なキッチンリフォームはいかがですか?

リフォーム時、奥様が一番こだわるキッチンまわり。毎日使う場所なので、便利&エコに変身させましょう。面倒な食器洗いの手助けをしてくれる食洗機は、システムキッチンに組み込まれたビルトインタイプが人気。最近のタイプは、洗浄力は格段に上がり、水の使用量は抑えたものになっています。また、オール電化にリフォームするならIHクッキングヒーターがおすすめ。高火力で料理ができるうえ、ムダな熱の発生が少ないので、夏でも涼しく調理できます。

IHクッキングヒーター
日を使わない電気熱源のコンロ。磁力線の働きで鍋の底に電流を生じさせ、鍋自体を発熱させます。熱効率はガスコンロの2倍なのでムダもありません。また、フラットなトッププレートはお手入れがラクラクなのも嬉しいですね。
【エコロジー特性】
熱効率がガスコンロに比べ約2倍高く省エネを実現。
食洗機
主婦の関心が高い食洗機。水を循環して使うので、手洗いよりも少ない光熱費・水道費で洗うことができ、下水に流す水も減らせます。最近は手洗いよりもCO2の排出量を年間65%減らせるものが登場するなど、ますます注目の設備です。【エコロジー特性】
使用水量は手洗いの約6分の一。節電効果も。

お風呂のリフォーム

お風呂は、一日の疲れをとり心身ともにリラックスできる、癒しの空間。ストレスフルな現代人のご要望に沿うように、快適なバスライフを過ごすための設備やバリアフリー対応設備が続々と登場しています。

お風呂のリフォームでは、これらの快適設備を上手に使ってお客様好みのバスタイムを演出してみませんか?

キッチンリフォームをされる方、お風呂のリフォームをされる方は、一緒に給湯器の見直しをおすすめ致します。家庭でのエネルギー消費は、大きく分けて3つに分けられます。「冷暖房」「給湯」「照明・家電」です。
中でも選ぶ機器によってエネルギー消費が大きく違ってくるのが、「給湯器」といわれています。
現在主流となっているのが省エネで大きなエネルギーを生み出す高効率の給湯器です。
空気の熱を利用する「エコキュート」、ガスで発電する「エコウィン」や「エネファーム」があります。
お風呂に湯を溜めたり、食器を洗ったりと、日々の家事を支えている給湯器。
毎日使うものだからこそ、少しでも家計に優しい機器を選びたいもの。最近は、従来の給湯器に比べて、効率よくお湯を供給し、電気・ガス代を節約する上に、CO2の排出量も減少させるエコタイプが人気です。機器によっては国の補助がおりることもあります。床暖房の導入など、電力・ガスにまつわるリフォームをするなら、家計にも地球環境にも貢献できる給湯器も検討してみませんか?

トイレのリフォーム

トイレリフォームには
「和式から洋式へ」「お掃除がしやすいトイレへ」などのトイレ自体のリフォームのほか、「収納スペースを増やす」「ロータンクのないトイレでコンパクトに」など、トイレ空間を有効に活用するリフォームがあります。毎日使う場所だから、清潔で快適な空間にしてみませんか?

リフォーム時、奥様が一番こだわるキッチンまわり。毎日使う場所なので、便利&エコに変身させましょう。面倒な食器洗いの手助けをしてくれる食洗機は、システムキッチンに組み込まれたビルトインタイプが人気。最近のタイプは、洗浄力は格段に上がり、水の使用量は抑えたものになっています。また、オール電化にリフォームするならIHクッキングヒーターがおすすめ。高火力で料理ができるうえ、ムダな熱の発生が少ないので、夏でも涼しく調理できます。

パナソニック アラウーノS
全自動おそうじ機能付きタンクレストイレ。水の中に気泡を含ませた「激落ちバブル」ろ、便器内に水を勢いよく流す芯洗浄方式「スパイラル水流」で、ブラシを使った掃除が約3ヶ月も不要尾に。
年間約1万2600円の水道代を節約できるといわれます【エコロジー特性】
便器洗浄水量を従来の13Lから
5.5Lを少量化に成功。
TOTOネオレスト
タンクレストイレのハイブリットシリーズ。
貯水タンクを加圧ポンプを便器に内蔵し、少ない水量で洗浄性能を発揮します。高階層マンションなどの低水圧環境にも設置できます。【エコロジー特性】
節水、節電などで、温室効果ガス排出量
50%ダウン。